【ハッピーメール】人妻のアナルヴァージンを奪った男!会えないから最後にお願いしたらOKもらえた!



女性を汚すと興奮する性癖の男

誰にも性癖はありますが、私の場合は人よりちょっと変わった性癖かもしれません。それは綺麗な女の人を見ると、何とかしてとことん汚したいという欲求に強くかられてしまうのです。汚された女の人を見ると、興奮が止まらなくなります。こんな変な性癖を持ってしまったばっかりに、セックスの相手を探すのも一苦労です。普通のセックスでは全然興奮できないし、逆に欲求不満が溜まるばかりなので、SM系のサイトやアブノーマルな掲示板がある出会い系サイトをもっぱら利用しています。

最近までのお気に入りはハッピーメールで知り合った人妻でした。セックスのたび、アナル舐めにアナル指入れ、チョコチューブをチンチンに塗ってのフェラなどを思う存分楽しんでいました。2ヶ月ぐらい頻繁に会い楽しんでいたのですが、あまりにも私の特殊な性癖セックスを毎回することに疲れてしまったのか、次第に誘ってもなんとなく避けられるようになってしまいました。

 

最後にとアナルセックス要求


そしてついには他に良い男性と出会えたので、もう会えませんというメールが来てしまいました。やっぱりかと寂しく思っていたところ、ハメ撮りした動画も目の前で削除して下さいとさらなる要求が。

仕方がありませんが、何もなしに別れるのはもったいないと思い、最後にもう一回だけセックスすることを条件に動画消去を約束しました。ホテルに着くと嫉妬心やら逃したくない気持ちが湧いてきます。ただのセックスじゃ納得出来ない私は、人妻にアナルセックスを要求しました。

人妻はアナルだけは絶対にダメといって、今までも何度もアナルを触られることを拒否していたのですが、アナルセックスを受け入れなければ動画消去は絶対にしないという私の強固な態度に観念し、アナルを私に許しました。

ただ出会い系サイトで知り合った私みたいな男にアナルヴァージンを捧げなくてはいけない屈辱はどれほどでしょう。旦那でも彼氏でもない男が人妻初のアナルセックスの相手なのです。その顔は苦痛に歪み苦しそうで、今思い出しても本当に興奮してしまいます。顔は写さないという約束ではめ撮りをし、その恥ずかしい写真は残してあります。

もう会うことはないですがこの人妻の初アナルセックスの相手として、私はずっと人妻の心の中に居続けて忘れ去られることはないのです(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です